抜き差しの出来にくいカギは本当に使いづらい

家のカギだけでなく、自転車だったりバイクだったりもそうですが、抜き差ししにくいカギは本当に使いづらいですよね。最初はそんなことなかったのに、毎日使っているうちに鍵が削れたり汚れたりして、抜き差しがしにくくなるものです。

カギの中は見えませんから、理由の判断も素人目には難しいですし、かと言ってカギ屋を呼ぶほどのことなのだろうかとも思います。カギ穴やカギそのものを掃除することで改善することもあるわけですが、それで直らないとイライラする日々が続くことになります。カギ屋を呼べば済むことなのかもしれませんけど、壊れているとまではいかないだけに、なんとなく躊躇ってしまうんですよ。

ただ、カギは毎日使うからこそ、完全に壊れてからでは遅いんだよなぁという気持ちもあります。明らかに使いづらくて違和感があることなんですから、依頼してしまえばと思うものの、洗浄すれば…という楽観的な希望的観測に頼ってしまう私。一言で言えばケチなんでしょうけど、なんかこう躊躇ってしまう気持ちは、わかってもらえると思います。
blogplaync_鍵とはいえ、家の鍵がダメになったら、外出から帰って来た時に家に入れず悲惨なことになりますから、もう少し洗浄してみてダメだったら観念しようかなと思っています。この寒い冬に家に入れないなんて、地獄ですからね。抜き差ししにくくて毎回イライラするのも嫌ですし、そろそろ潮時なんでしょうね。カギそのものの交換になるのか、修理や本格的な洗浄でどうにかなるのかは不明ですけど、専門家に頼むのが一番なんだろうと思います。